2007.3.11


先々週の日本市場はハリケーン並みの風が吹き荒れましたが、
先週に入ると為替が円安に振れた事で再び17000円台を回復となりました。
為替は円キャリートレード(金利の安い円を借りて各国市場に投資するトレード法)も解消を示すと見られる。9日に米国の雇用統計の発表がありますが、市場には有利となるでしょう。良ければ景気回復、下げれば金利の引き下げとなる。
117円50銭処ではドル売りの圧力が控えているという観測があるだけに、今後の為替動向からは目が離せないところです。

日本市場は来週は重要な指標がかなり出るので、先週の逆パターンですが、
なにせ相場が病み上がりであるので、以前のように一気には行かず、
多少の下げを入れながら25日線まで戻すことになるでしょう。


予想レンジは17550?17000円というあたり。
仕手株もそろそろ動きだすので注目しておきたい。



4680 ラウンドワン
ボウリング、アミューズメントの複合店経営で全国展開をしている会社で、
3月大幅増収増益予想。現在株価は27万円前後の調整中ですが、今3月期の予想PERは18倍、
1株利益15418円、割安感があります。
外国人持株比率の変化率から判断しても期待が持てます。
この側面で見た場合、以前推奨済の水晶デバイス専業のエプソントヨコム(6708)、
三井物産系で携帯電話販売会社業界大手のテレパーク(3738)なども有力でしょう。
posted by Yasushi at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。