2007.1.27


不二家、いろんな事実が明らかになってきてますね。

大腸菌数に関しては本社基準値の10倍。
消費期限を1日過ぎた液卵を使用した。
不適切な製造はこれで計34件。
チョコレート菓子にガが混入。
工場にネズミ485匹いた。


と、まあとんでもない話なワケですが、

不二家以外の同業他社の工場で働いていた私の知人の話ですが、
ネズミがいたり、地面に落ちた材料を拾って使うなどは、あたりまえにやっていたそうですね。
そこのネズミは甘いものをたくさん食べているためか20cmぐらいだったそうです。


確かに、期限切れや大腸菌はいけません。確かにそうです。

ですが、それを我々が食べたとしても、体の弱い方やお年寄りにはダメでしょうが、
せいぜいお腹を壊して下痢したりする程度ですから、そこまで生命の危険はないといえます。


実はもっと恐ろしいのは、別の普段食べている物の中に入っていたりします。

たとえば、今はだいぶ改善されたようですが、4年程前にコンビ二のおにぎりを実験で
1ヶ月置いておきましたが、まったく腐りもせず、見た目は買った時と変わらない状態でした。
「1ヶ月間まったく腐らないおにぎり」・・恐ろしくないですか?
どんだけ薬品使っとんじゃーと思いました。


そういった食べ物を食べ続けた結果、人口の3人に1人はガンで死ぬのですね。


保存料等の添加物は国が定めた基準値以内であったとしても、発ガン性であったり、
海外では毒性が強いため使われていなかったり、むしろ害が大きいんです。
しかも、実際にそれらの食品を食べ続けてガンになるのに10年ぐらいかかるので、
表面上は大腸菌と違って何の問題も起こってないように見えるので、騒ぎにならないと
いうだけです。

この考えでいくと
不二家問題では、今のところ死者は出ていませんが、まったく問題なさそうな食品メーカーは、
人知れずガン発生装置を量産しているということになります。


不二家の株価があまり下げていないのも、もしかしたら少し理由はこの辺にあるのかも
しれませんね。


真実が広まれば、むしろヤバイのは薬品メーカーです。

「頭痛の原因が病院でもらった頭痛薬だった。」
「カゼ薬を飲んだ子供が寝たきりになった」

など、NHKでも放送され、もうバレはじめています。
食品添加物もふくめた「薬」にたいする本当の知識が今後理解されてくるでしょうから、
製薬会社の株は長期は持たないほうがよいでしょう。


参考文献

食品の裏側?みんな大好きな食品添加物
安部 司

食べるな、危険!
日本子孫基金





さて今週の相場展望ですが、

26日のシカゴ日経225先物は、大証より70円高の17450円で引けているので、
当然29日は高く始まることになります。
外資系が11日連続買い越しになるようであれば、26日に付けた17310円を目先底と
判断されて再び買い安心感が広がり、17800円をメドに買われるでしょう。

先物は小反発は交えるが、調整はもう少し続く可能性があり、
とりあえず25日線の17200円台あたりを考えておきたいところ。
よく言われている節分天井ではなくなる可能性は大いにあります。
週後半は2月入りとなり、日銀の金利引き上げの問題等が持ち上がってくるので
為替相場にも注意です。



いよいよ30日にウインドウズビスタが登場。関連の本命としてワコム(6727)の押し目狙い。
不動産関連の穴株、膨大な含み資産を持っている東京都競馬(9672)に意外性。
佐伯健(1889)底値ゾーン。3月決算営業増益。
posted by Yasushi at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39193513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。